2017年11月17日金曜日

神宮外苑いちょう祭り

11月17日〜12月3日まで、神宮外苑いちょう祭りが開催されます。
一行院から歩いて7分ほどの場所ですので、ご参拝の際に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

いちょう祭り公式サイト

http://www.jingugaien-ichomatsuri.jp/



2017年11月2日木曜日

舎利塔解体

8月末から始まった舎利塔(納骨堂)の解体は、予定より早く進んでいるようです。
もう2階以上の部分は殆ど無くなってしまいました。



工事期間中は何かとご不便、ご迷惑をおかけすると思いますが、ご理解、ご協力下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

2017年9月18日月曜日

コインパーキング

9月16日
一行院の前の坂(千日坂)を下ったところにコインパーキングがオープンしました。
参拝にお役立てください。




2017年9月9日土曜日

秋彼岸法要のご案内

初秋の候、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。

新本堂にて、下記の通り秋彼岸法要を勤修いたします。
皆さまお誘い合わせの上、御参詣、御焼香ください。
今年は、初日と中日の2回になります。

  • 9月20日(水)午後2時より法要
  • 9月23日(土)午後2時より法要


2017年9月1日金曜日

本堂竣工式

8月29日、本堂の竣工式が行なわれました。
ご協力いただいた皆さまに感謝するとともに、建物が末永く堅牢・安泰であることを祈念しました。

本堂は完成しましたが、一行院再建計画はまだ終わりません。
現在は舎利塔の改修工事が始まったところです。
その後に外構の工事となり、すべてが完了するのは来年6月の予定です。
それまではまだ皆さまにご不便、ご迷惑をおかけしますが、ご理解、ご協力下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。




2017年8月27日日曜日

千日谷淨苑 開苑記念パネルトーク

8月25日
当院本堂にて、「隈研吾氏と語らう、ご供養の未来」と題したトーク・イベントが開催されました。

千日谷淨苑を含む一行院の再建プロジェクトに関わった各分野の代表者と当院住職の4人で、現在のお墓事情や、デザインコンセプト、時代に合った供養のかたちなどについて語りました。

左から当院住職、隈研吾氏、ヒューリック社長吉留氏、はせがわ社長江崎氏

司会進行役はフリーアナウンサーの政井マヤさん


2017年8月24日木曜日

安全祈願会

8月22日、舎利塔(納骨堂)内において、改修工事の安全祈願会を執り行ない、これから始まる工事の安全を祈念いたしました。

地上8階、地下2階の舎利塔は最新の耐震基準を満たすように減築、補強され、地上1階、地下2階の新しいロッカー式納骨堂に変わります。
完成は来年春の予定です。


2017年8月17日木曜日

ニュース番組で紹介

8月15日、テレビ東京のニュース番組「ゆうがたサテライト」の取材があり、当日に放送されました。
都市部でのお墓不足を背景に新型の納骨堂が普及しつつあるという内容で、他寺の屋内墓苑とともに「千日谷淨苑」が紹介されました。
数分の放送でしたが、おかげさまで問い合わせが増えています。

テレビ東京 ゆうがたサテライト http://www.tv-tokyo.co.jp/you/

ニュースバックナンバー:“お墓不足”背景に急増 納骨堂の新たなカタチとは
http://txbiz.tv-tokyo.co.jp/you/vod/post_138492/

撮影準備中

2017年8月16日水曜日

仮囲い

本堂の完成からおよそ1ヶ月、今度は既存納骨堂の改修工事が始まりました。
仮囲いが組まれ、着々と準備が進んでいます。

前庭は閉鎖され、本堂はよく見えなくなってしまいましたが、寺は普段通り開けています。
境内地北側(高速道路高架下)に通路を設けてありますので、そちらをご利用ください。

工事期間中は何かとご不便、ご迷惑をおかけすると思いますが、ご理解、ご協力下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

前庭は閉鎖されています


高架下通路からお入りください

2017年8月5日土曜日

千日谷淨苑

すでに檀家や近隣の皆さまにはご説明申し上げておりましたが、一行院の屋内墓苑が開苑に向けて動き出しました。

名称は「千日谷淨苑(せんにちだにじょうえん)
8月25日に正式発表となります。

また、墓苑専用のWEBサイトも開設されました。

http://sennichidani.jp/

現在は予告という感じですが、正式発表の頃には詳しい情報が掲載される予定です。


本堂正面(7/21)

2017年7月20日木曜日

施餓鬼・盂蘭盆会法要

7月13日~15日の3日間、新本堂にて施餓鬼・盂蘭盆会法要を勤修し、先祖代々の諸霊の他、無縁仏や餓鬼をも供養し、皆さまの福徳延寿を願いました。
猛暑の中、たくさんの檀家様にご参列いただきました。



2017年7月14日金曜日

開眼法要

7月1日。新本堂引き渡し後、まずはじめに行ったのは本尊の遷座(移設)でした。
翌2日に開眼法要を厳修。

仏師による移設作業(7/1)

開眼法要(7/2)

新本堂の様子


2017年7月13日木曜日

完成~引き渡し

6月29日、引き渡しに向けての取扱説明会が行なわれ、各種設備の仕組みや取り扱い方、メンテナンスなどについて説明を受けました。

そして30日には予定通り新本堂の引き渡しが行われました。
旧本堂の解体準備からおそよ2年、この間大きなトラブルや遅れもなく、無事完成に至ったことは幸いでした。
工事に関わった皆さまのおかげです。ありがとうございました。

取扱説明(6/29)

取扱説明(6/29)

鍵の引き渡し(6/30)

各種マニュアル、図面、記録など(6/30)

記念撮影(6/30)

2017年6月27日火曜日

進捗状況

新本堂の工事は遅れることなくほぼ終了し、予定通り今月末に引き渡しが行われるもようです。
それに向けての準備作業で寺務所は忙しくなってきました。

植栽工事(6/12)

発注者検査(6/22)

機械操作説明(6/26)


2017年6月26日月曜日

お施餓鬼・盂蘭盆会のご案内

梅雨の候、皆様にはいっそうご活躍のこととお慶び申し上げます。

さて、本年も下記の通り、施餓鬼・盂蘭盆会法要を勤修いたします。
ご自由にご参詣お焼香ください。



日時: 7月13(木)~15日(土) 午前10時~、午後3時~
場所:新本堂



なお、駐車場がございませんので、公共交通機関をご利用ください。
よろしくお願い申し上げます。

2017年5月23日火曜日

樹木確認

5月22日
さいたま市岩槻区にて、境内地の植栽に使われる樹木を選定する作業が行われました。
いよいよ来月完成予定となった新本堂の周辺に植えるものです。
新本堂完成後も既存納骨堂の工事などがまだ残っているため、植栽全体が完成するのはまだ先になります。




5/24 一部修正

2017年5月22日月曜日

進捗状況

本堂の再建工事ですが、外観はほぼ完成し、現在は内装工事の最終段階という状況です。

正面には杉板が貼られ、デザイン上のモチーフとなる大和張りが姿を現しました。
ロビーにはすでに和紙の壁紙、床のタイル(養生されて見えませんが)も貼られていました。
あと1ヶ月ほどで完成です。

入り口~ロビー 5/1

正面の大和張り 4/14

完成した大和張り部分 4/27

特徴的な深い軒 5/1


2017年4月12日水曜日

四谷花まつり

4日、第68回四谷花まつりが行われました。

四谷花まつり奉賛会、四谷仏教会が主催で、稚児パレードや潅仏法要などが行われます。
昨年は雨のためにパレードが中止になりましたが、今年は好天に恵まれました。
一行院の住職も法衣でパレードに参加し、白い象と一緒に歩きました。





2017年4月11日火曜日

阿弥陀如来像の修復

4月3日、舎利塔内仮本堂にて、修復が完了した阿弥陀如来像の開眼法要を勤修しました。


新本堂完成後は副本堂(小ホール)に安置されます。

2017年3月1日水曜日

春彼岸法要のお知らせ

浅春の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

今年は下記の通り、春彼岸法要を勤修いたします。
皆さまお誘い合わせの上、ご参詣・お焼香くださいませ。

日時:3月17日(金)~3月23日(木) 毎日午後1時より法要開始
場所:仮本堂(納骨堂1階)


尚、駐車場がありませんので、ご来場の際は、公共交通機関をご利用くださいますようお願い致します。


 工事期間中は何かとご不便、ご迷惑をおかけすると思いますが、何卒ご理解、ご協力下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

2017年2月28日火曜日

大屋根

新本堂の工事は遅滞なく、前倒しで進んでいるようです。
外観的には、デザイン上の最大の特徴ともいえる大屋根に瓦のような金属製のパーツが乗り、屋根に関してはほぼ完成というとこまで来ました。

2月27日
2月20日

2月17日

2月10日

2月10日 状況説明

2月10日